かながわ県民サポートセンターネットワークづくり支援事業

平成19年度事業計画

  1. 事業名
    • 企業とNPOのバリアフリーネットワーク
  2. 事業の目的
    • みなとみらい地区にある商業施設「横浜ワールドポーターズ」6階にある共同オフィス「NPOスクエア」(60坪)には、現在、民間NPO中間支援組織、一級建築士事務所、福祉NPOなど、多種多様な団体(14団体)が入居している。
    • 2001年から始まり、今年で7回目を迎える横浜ワールドポーターズのイベント「バリアフリーフェア」への参加をきっかけに、入居者団体及び入居団体と横浜ワールドポーターズの中にテナントとして入居している企業との相互理解が徐々に進み始めている。
    • そこで、今回、入居団体及びテナント入居企業とのネットワークづくりを事業化し、企業とNPOとの協働・連携に向けた環境づくりに取組むこととする。
  3. 事業内容
    • 「バリアフリーフェア」に参加するための実行委員会の立ち上げ、定期的な交流ミーティングの場をつくる
    • バリアフリーフェアでのイベントは、NPOスクエア入居団体とテナント入居企業との協働事業として開催し、NPOと企業との協働の具体的な事例としてアピールする。
    • バリアフリーフェア終了後も、来年度の事業企画に向け、他の共同オフィスの事例や企業のCSRをテーマとした勉強会として定期的な交流ミーティングを継続し、ネットワークの継続的な取組みを推進するとともに、勉強会を通じて出会った他の共同オフィスのマネージャーや企業のCSR担当者などとのネットワークの拡がりを進めていく。
  4. ネットワーク構成員のイメージ
    • NPOスクエア入居団体、横浜ワールドポーターズテナント企業、(株)横浜インポートマート、NPO共同オフィスマネージャー、中間支援組織、企業
  5. 実施期間
    • 交付決定の日〜 2008年3月31日
  6. 実施スケジュール
    • 2007年 7月 実行委員会立ち上げ
    • 2007年 9月 バリアフリーフェア開催
    • 以降、勉強会開催
  7. 事業費
    • 29,5万円 (自己資金:4.5万円)
  8. 事業の成果目標
  9. 団体の概要
    • 【団体名】 NPOスクエア連絡会
    • 【代表者名】 石井 揚子
    • 【提案事業についての問い合わせ先】
      • 担当者氏名  寺倉 由美子
      • 横浜市中区新港2-2-1横浜ワールドポーターズ6階NPOスクエア
      • 特定非営利活動法人 まちづくり・住環境ネットワーク
      • http://www.minatomirai21.org
      • TEL045-224-5688   FAX045-224-5689

事業報告へ進む / かながわ県民サポートセンターネットワークづくり支援事業に戻る


Copyright 2002-2004 “NPO Square” All Rights Reserved.